インドネシアに転職!やっぱりインドネシア語は必要?

インドネシアのビジネス街や観光地では、英語がわかる人が多く、これらのエリアに限れば英語だけでも簡単な意思疎通は可能でしょう。
けれども東西に約5千キロメートルもの広い国土を持つインドネシア。
国土全体から考えると、英語を解する人々はごく一部なのです。
さらにインドネシア国内には様々な地域言語があり、公用語として使われているのはインドネシア語(バハサ・インドネシア)で、小学生から全土で教育がなされているため誰でも話せる言語です。
したがって長期滞在や就労のように複雑な意思疎通が必要になる場合、インドネシア語は必須と言えます。
けれども日本人の多くは「学校で学んだことがある英語ならともかく、習ったこともない言語なんて」と思われるかも知れません。
でも、大丈夫。
基本文法がとてもシンプルなのです。
だから基本的な会話は、すぐにマスターできるでしょう。
また日本語のように主語を省いた言い回しや、日本語に似た単語も多数あり、日本人にとって学びやすい言語なのです。
さらに少しでもインドネシア語がしゃべれると、インドネシアの人々にとても喜んでもらえるので、友達が増えると同時にメキメキと上達します。
このように、現地の言葉を学び使うことによって、より複雑な意思疎通が可能になるばかりでなく、現地の人々と人間関係も円滑になるという二つのメリットは、異国の地で暮らす者にとって大きな魅力です。
さあ早速、バハサ・インドネシアを覚えて現地の社会に溶け込みましょう。
いまや日本からインドネシアに転職していく日本人が増えています。まだ発展途上の国ということはこれから面白くなる国ですから、積極的に進出されると良いでしょう。≫インドネシアの求人情報と人材紹介会社で転職!